「ピオーネのタルト」パティスリーリョーコ 実食レポート

「ピオーネのタルト」

公式HP:パティスリー リョーコ 食べログ

●食べた日:2019年9月(テイクアウト)

●分類:【ケーキ】【タルト】【フルーツ系(ぶどう)】

●最寄駅: 

都営地下鉄 浅草線「高輪台駅」A1出口より、徒歩3分

都営地下鉄 三田線・東京メトロ 南北線「白金台駅」2出口より、徒歩8分

JR山手線・京浜東北線・東海道線・上野東京ライン・横須賀線・東海道新幹線「品川駅」高輪口より、徒歩15分

京浜急行電鉄 本線「品川駅」高輪口より、徒歩15分

お店の詳細はこちらにまとめています

www.shufu-sweets-matome.com

f:id:shufukatsu:20190925172418j:plainf:id:shufukatsu:20190925172455j:plain

基本情報

価格

「ピオーネのタルト」 3,600円(直径14cm)

商品説明 

国産小麦の香り豊かなサクサクタルトにアーモンドクリーム、たっぷりのカスタードの組み合わせ。

(以上、公式HPの商品説明より抜粋)

その他補足情報など

ピオーネが旬の秋らしい、秋の季節限定フルーツタルトです。 16cm、18cmのサイズもあります。

 

 

実食レポート

見た目の感想と構成

●見た目:

f:id:shufukatsu:20190925172436j:plain

※まずはじめに…持ち帰りの電車の衝撃で傾けてしまい、本来のリョーコさんの繊細で美しい盛り付けが若干崩れてしまっています。この状態で写真を掲載するのは少しお店に対して申し訳ない気もしましたが…よろしければその前提で、タルトの画像をご覧いただけますと幸いです。申し訳ありません……

まず印象的なのが、たっぷりと積み重ねられたピオーネの量!その大量のピオーネの迫力は、箱から取り出すと軽く衝撃を受けるくらいです。そして、そのピオーネの表面を、ピオーネ果汁を一滴も逃すまいとするかのように、透明で艶やかなジュレ状のナパージュが覆い尽くしています。ぶどうのプルリとした質感と、テロリとしたナパージュで艶やかに輝くこのタルトは、どこかセクシーで妖艶な雰囲気があり、色気があるタルトです。

●構成:

f:id:shufukatsu:20190925224516j:plain
サクサクと薄く焼き上げられたタルト台には、濃い黄色の濃厚なアーモンドクリームのダマンドが流し込まれており、紫色のジュレが重ねられています。

f:id:shufukatsu:20190925174951j:plain

その上は、リョーコさんらしいトロトロとやわらかく絹のような食感のカスタードクリーム。さらにその上に、大量のピオーネ艶やかなナパージュが盛り付けられています。最後の仕上げに、ピオーネの黒紫に映える白い粉砂糖と、白いRYOCOのロゴプレートが美しく飾り付けられています。

f:id:shufukatsu:20190925174744j:plain

 

味や食感

ピオーネ:大半のピオーネは、うっすら紫の薄皮が残るように丁寧に皮がむかれており、残りのおよそ4分の1ほどは、皮付きのまま半分にカットされています。そのまま食べても濃密なぶどうの旨味がギュッと詰まっていて、新鮮で、果汁がたっぷりで、とってもジューシー♡旬だからこその抜群の美味しさのピオーネです。

f:id:shufukatsu:20190925172410j:plain

艶やかなナパージュ:ナパージュは通常、艶出しとして、よりタルトを美味しそうに見せる目的で薄く表面に塗られていることが多いと思うのですが、このタルトにおけるナパージュの役割は艶出しにとどまらないという印象です。ピオーネの表面を、このテロテロしたたっぷりのナパージュが覆いつくすことで、果汁をしっかり閉じ込めている印象です。

f:id:shufukatsu:20190925172524j:plain

カスタードクリーム:艶のある、なめらかでねっとり濃密なカスタードです。卵の香りが抜群で、まったりしてるけど甘さは控えめな上品な味。その表面は、ピオーネのジューシーな果汁が混ざり合い、極限までトロットロでやわらかいぶどう風味の爽やかなクリームに変化しており、もう、そのトロットロの部分が……ものすごく美味しいです!

f:id:shufukatsu:20190925174951j:plain

紫色のジュレ:ややざらっとした舌触りのジュレです。焼き菓子に使われているジャムにちょっと近い味で、かなり甘いです。若干の酸味も感じましたし、紫色なので…おそらく「ぶどうのジュレ」だとは思うのですが、ぶどうなのか?わたしには、はっきりわかりませんでした。とりあえず甘さが濃い、果物のジュレなのは間違いないです。

アーモンドクリームのダマンド:卵とバターの香り豊かな、しっかり甘くて、しっとり濃厚なダマンドです。かなりどっしり感があり、その食感はまるでスイートポテトのようです。紫色のジュレと合わさると、タルト内部は、かなり重厚な甘みになっています。

f:id:shufukatsu:20190925233820j:plain

ザクザクのタルト台:甘さがかなり抑えられていて、薄焼きなのでザクザクと歯切れが良く、食感が心地よい、かなり香ばしさを感じるタルトです。 このタルト台のおかげで、ジュレとダマンドのこってりした甘さを中和するように、バランスがとられている感じがしました。

 

f:id:shufukatsu:20190722063119p:plain美味しいポイント!

ピオーネ果汁をたっぷり閉じ込めたとろとろカスタードにノックアウト♡

なんといっても、カスタードとピオーネが最高に美味しいです!ピオーネ果汁で極限までトロトロ〜な状態と化したカスタードに、やはり果汁にまみれたジュレ状のナパージュが絡まり、ピオーネ果肉とともにほおばると、そのお味は無限に食べ続けたくなるような至福のお味…♡カスタードとピオーネって、こんなに相性がいいの?ピオーネに合うようにカスタードの配合を調整してこの味が実現しているの…?と、新しく発見したピオーネスイーツの美味しさに感動です。正直、その下のジュレとダマンドの強烈な甘さはちょっと驚くほどですが…これも、リョーコさん流の「ピオーネという果物をスイーツとして、さらに美味しくする」ための隠し味なんだと思います。

なつつの総合評価

標準を★3つとした個人的評価です。

甘さ:★★★★☆

濃厚さ:★★★☆☆

味の好み:★★★★☆

見た目:★★★★☆

コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★☆

(参考)2019年9月:食べた直後の感想を綴った日記

ameblo.jp

 

☆なつつ☆ 

スポンサーリンク