「モンブラン」パティスリーリョーコ 実食レポート

「モンブラン」

公式HP:パティスリー リョーコ 食べログ

●食べた日:2019年11月(テイクアウト)

●分類:【ケーキ】【モンブラン】

●最寄駅: 

都営地下鉄 浅草線「高輪台駅」A1出口より、徒歩3分

都営地下鉄 三田線・東京メトロ 南北線「白金台駅」2出口より、徒歩8分

JR山手線・京浜東北線・東海道線・上野東京ライン・横須賀線・東海道新幹線「品川駅」高輪口より、徒歩15分

京浜急行電鉄 本線「品川駅」高輪口より、徒歩15分

お店の詳細はこちらにまとめています

www.shufu-sweets-matome.com

f:id:shufukatsu:20191124034545j:plainf:id:shufukatsu:20191124034549j:plain

基本情報

価格

「モンブラン」 4,200円(直径14cm)

商品説明 

アーモンドベースの軽い生地にラム酒香るムースリーヌ。和栗のシブースト、生クリームの4層のハーモニー。

(以上、公式HPの商品説明より抜粋)

その他補足情報など

秋冬の季節限定モンブランです。 16cm、18cmのサイズもあります。

 

 

実食レポート

見た目の感想と構成

●見た目:

f:id:shufukatsu:20191124034542j:plain

素晴らしくフォトジェニックで芸術的です。繊細に美しく絞り出されたマロンクリームに粉砂糖がふられたこの姿は、まるでドレスのフリルを連想させられます。

f:id:shufukatsu:20191124034556j:plain

大粒の栗もたっぷり贅沢にのせられており、艶やかに輝いています。茶系のみで統一されたモンブランですのに、この美しさは感動モノ…!   

●構成:

f:id:shufukatsu:20191124034553j:plain

まずはじめに、印象的なのが14cmのホールケーキとは思えないほどのずっしりした重さ。この重量感からも中身がぎっしり詰まっていそうな期待感が湧き上がります。

具体的な構成図はこんな感じになります。

f:id:shufukatsu:20191124040217j:plain

土台はアーモンドベースの軽い生地(ダックワーズ風の焼き菓子)。その上に濃厚なムースリーヌ(カスタードクリーム)和栗のシブーストが重ねられています。生クリーム和栗のマロンクリームがその表面を覆っており、その上に艶やかな大粒の栗がゴロゴロ!

f:id:shufukatsu:20191124034542j:plain

そして、仕上げに白い粉砂糖と、白いRYOCOのロゴプレートが美しく飾り付けられているという構成です。

 

味や食感

大粒の栗:渋皮がついたままの栗は、歯ごたえが残されホクホクした食感。洋酒の香りが強く、濃厚でコックリ甘いです。ですが、栗の風味も程よく残された絶妙な塩梅です。

f:id:shufukatsu:20191124034618j:plain

和栗のマロンクリーム:ねっとり、まったりで濃厚、そして強い甘さのマロンクリーム。少しだけモソッとした食感も残されており、濃い甘さの中にも栗の風味がギュッと凝縮されたような美味しさです。

生クリーム:リョーコさんのケーキで毎度登場しますが、毎度感動する、甘さが抑えられていてミルキーなのに、ホワッ、と軽くて口の中に入れるとすぐ溶けてしまうような…魔法のような食感の絶品のクリームなので、濃厚マロンクリームとの相性が最強でした!

f:id:shufukatsu:20191124034609j:plain

和栗のシブースト:シブーストとは、カスタードにゼラチンとメレンゲを混ぜたクリーム(クリーム・シブースト)に一般的にはリンゴを組み合わせたケーキです。このケーキでは、マロンを練りこんだクリーム・シブーストが使用されているようです。

f:id:shufukatsu:20191124034602j:plain

このモンブランの中で唯一の、軽やかな印象のクリームで、ふわふわで単品では物足りなさがあるくらいにさっぱりしています。このふわふわが、上下に濃厚で甘くてどっしりした要素が重ねられているため、素晴らしいバランスになっています。

 

ムースリーヌ(カスタードクリーム):ムースリーヌとは、カスタードにバターなどを混ぜ合わせた濃厚なカスタードクリームのことだそうです。このモンブランでは、ラム酒がかなりガツンと効かされている印象。

f:id:shufukatsu:20191124045044j:plain

ですが、この際立つほどの濃い黄色からもわかるように、強いラム酒の風味に負けない卵黄の濃さで、もっちりとした食感の、ものすごーく濃厚なカスタードです。そして、かなり甘いというのに、なぜこんなにもしつこさがないのか…不思議です!

 

アーモンドベースの軽い生地(ダックワーズ):モンブランではメレンゲやスポンジが多いですが、アーモンド風味のダックワーズが土台になっています。表面はサックリしていて、内部はもっちりと分厚く食べ応えがあります。食べ応えがあるのに重たくなく、試行錯誤の末に辿り着いたのでは…?と思わされるような、このモンブランにはこれが最上の土台という印象を受けます。

f:id:shufukatsu:20191124034533j:plain 

 

f:id:shufukatsu:20190722063119p:plain美味しいポイント!

中毒性高し!濃厚&どっしりなのに、神のようなバランスですぐペロリ♡

全体的に甘く、しかも濃厚な味の主張が強いクリームたちが重ねられているので、ひと口ひと口の満足感は半端ないのに、不思議とすぐに次のひと口が欲しくなります。甘さの中にもまったり濃厚な部分と軽い部分が、もっちり食感やふわり食感などの異なる食感が存在していて、どこをどう組み合わせても素晴らしく美味しい!このバランスは神がかっているように感じました。

モンブランは、もともと重めな部類のケーキで、もちろんリョーコさんのモンブランも然り。ですが、なぜか重さを感じずペロリ。そして、食べ終えてすぐに「また食べたい…!」と思ってしまうような中毒性が高い絶品のモンブランです。

なつつの総合評価

標準を★3つとした個人的評価です。

甘さ:★★★★☆

濃厚さ:★★★★☆

味の好み:★★★★★

見た目:★★★★★

コスパ:★★☆☆☆

総合:★★★★★

(参考)2019年11月:食べた直後の感想を綴った日記

ameblo.jp


 

☆なつつ☆ 

スポンサーリンク