妊活中でもデカフェをおうちで美味しく♪「パナソニックNC-A57」が高性能!

妊活中のコーヒー好きさんは、デカフェ(カフェインレス)にたどり着きますよね。わたしはついに「デカフェ豆コース」のある、豆から淹れるタイプのコーヒーメーカーを買っちゃいました!

f:id:shufukatsu:20200519004050j:plain

選んだのはこちらの「パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A57」です。 

全自動タイプ デカフェ豆コース搭載 ブラック

我が家では、夫婦ともに自宅でコーヒーをよく飲むため、コーヒーメーカーは必須アイテム。使い慣れたMelittaの粉で淹れるタイプのコーヒーメーカーから買い替える決め手がなかなかありませんでした。購入の決め手となったのは、マツコの知らない世界「おうちコーヒーの世界」で紹介されていてずっと気になっていた機種に、2018年9月「デカフェ豆」機能が新搭載されたものが登場していた事を知ったからです♪

※こちらは、2019年2月に書いた内容をブログ移設に伴い2019年7月に加筆修正したものです。

豆から淹れるタイプがずっと気になってた

わたしの実家の母は美味しさのためにひと手間かけるのが好きな人で、コーヒーは豆を手動ミルでひいてから淹れてくれます。実家に帰るたびに「やっぱり豆から淹れたコーヒーは美味しいなあ…」と、しみじみ感じていたのですが、いざ自分でとなると毎日の事だしちょっとハードルが高いと感じていました。

しかし、2018年2月に放送されたマツコの知らない世界「寒い冬にほっこり!おうちコーヒーの世界」で「豆からタイプ」のコーヒーメーカーが紹介されているのを見てから「これ、良さそう!」と、ずーーっと気になってたんです。 

それが、わたしが購入した機種「NC-A57」の旧機種にあたる「パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカーNC-A56

この機種は「全自動」!

豆からタイプの良いところは、豆をひく香りと、ひきたてコーヒーの味を楽しめること。逆にデメリットは、機種によっては豆をひく→粉を移すなどの手順が増え、ミルのメンテナンスも大変なところです。というのも、ミルの洗浄が不十分だと古い粉が酸化して残ってしまい、コーヒーの味が悪くなります。美味しくコーヒーを飲み続けるにはミルの洗浄はしっかりすべきことらしいんです。でも、やったことがある人はわかると思いますが、ミルって細かい粉が付着して洗浄が面倒…… 

しかし、この機種はその洗浄まで全て「全自動」のコーヒーメーカー!豆と水をセットするだけで、あとは豆をひくところからドリップ、さらにミルの洗浄まで全自動という、まさに面倒くさがりのわたしにピッタリ♡

手順は、まずコーヒー豆を投入してペーパーフィルターセット。

20190205024517

それからお水を入れ、お好みのコースで「豆」ボタンをポチっと押すだけ! 

20190205024508 

その後は、淹れるたびにミルを洗浄しなくても全自動で勝手に洗浄までしてくれちゃう。なんてお手軽(*´▽`*) 

しかも、マツコの知らない世界に登場するくらいの世界チャンピオンにもなったコーヒー豆焙煎士さんのおすすめなら、コーヒーの味も間違いないでしょう!実はこちら、パナソニックコーヒーメーカーのひとつの理想形とも言われているロングセラー商品なんだそうです。

水道水でOKなので節約にも!「沸騰浄水機能」

さらに、「抽出前にあらかじめ沸騰させたお湯を内蔵の活性炭フィルターに繰り返し通して浄水することで、水道水に含まれているカルキを90%カットしてくれる」というすごい機能までついています。これ、節約面でもとっても重要! 

これまで使っていたコーヒーメーカーは、この沸騰浄水機能がなかったので、ウォーターサーバーのお水を使ってコーヒーを淹れていました。でも、浄水機能があるこの機種では水道水をそのまま使えます。 

我が家は、いつも朝夜2回はコーヒーを淹れます。単純計算で、マグカップ(大きめなので約330ml)を2杯分×朝夜2回×30日=39,600ml、つまり約40ℓ分を水道水にできるわけです。

水道代は、ざっくり1ℓあたり0.2〜3円なので40ℓ増えても8〜12円程度。

ウォーターサーバーのお水は、我が家は1本(12ℓ)を約1,800円で購入しているので、40ℓ分で約6,000円。実際に購入してから月あたり3本減らせたので、月あたり約5,400円の節約になりました♪

f:id:shufukatsu:20200519004917j:plain

蛇口直結型の浄水器やウォータースタンドなどで、飲用水を購入していない場合は該当しないですが、我が家のように飲用水を買っているご家庭ならこの機能はお財布にも優しいですよ。わたしは、購入を視野に入れて色々調べる段階になって、初めてこの事実に気づいて、もっと早く気づいていれば良かったと後悔したほどです。 

これに「デカフェ豆コース」までついた!

そんなコーヒーメーカーの最新機種が2018年6月に発売され、テレビで紹介されていた「NC-A56」の基本性能はそのままに「デカフェ豆コース」がついてくれました!

NC-A57


「デカフェ豆」コースを新搭載
「蒸らし」と「抽出」のプログラムをデカフェ(ノンカフェイン)豆に最適化することで、物足りなさを感じがちなデカフェ豆もしっかりした「コク」のあるコーヒーに抽出。おやすみ前のリラックスタイムに、カフェインを控えながら味わい深い一杯をたのしめる。

Amazon「メーカーより」部分より引用

 

妊活中、特に不妊治療中って、カフェインを控えないといけないタイミングが多いです。わたしは体外受精をしていましたが、妊娠判定日までの期間はカフェインを控える必要があるし、もし妊娠できとしたら、妊娠中〜授乳期までそれがずっと続くことになります。なので、おうちでも豆からデカフェが美味しく、しかも手軽に淹れられるというのは、わたしにとってはかなり魅力的でした。 

「デカフェ豆コース」を実際に試してみた

そして、そろそろ使い始めて3週間程になりますが期待通りとってもいい感じなんです♡前述どおり、豆からコーヒーを淹れる手順はお手軽だし、ミルも自動洗浄!そして、タンクなどバラして洗いたい部分は基本的に全て取り外しできる構造になっているので衛生面もバッチリ♪ズボラでこまめなメンテナンスができないタイプのわたしでも安定の美味しさを保ってくれています。 

…で、実はこのあたりはAmazonのレビューにも書かれていたとおりだったのですが、実はわたしが購入前にひとつ不安だったのは「デカフェ豆コース」についての善し悪しについて、あまり触れられているレビューがなかったことなんです。

わたしにとっては「デカフェ豆コース」がけっこう重要だったので、同じように感じる方もいるかもしれないと思いましたので、実際に「デカフェ豆コース」を他のコースと比較してみました。 

1.デカフェ豆コースのポイント

Image

(Panasonic公式サイトよくある質問より抜粋) 

デカフェ豆に最適な蒸らしと抽出によって、味がしっかり出るけど渋味が出にくくなっています。 

2種類のフィルターで豆を「挽き分け」でき、リッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」と組み合わせて、好みに応じた以下の表のような、4種類のコーヒーが楽しめるというのがこのコーヒーメーカーの特色ですが、デカフェ豆コースは「中細挽き」フィルター使用の一択で、リッチ・マイルドの淹れ分けはなく、独立した「デカフェ豆コース」として存在しています。

20190205062458

2.デカフェ豆コースとリッチコースで比較してみた

今回は、デカフェ豆コースと同じ「中細挽き」のフィルターを使用して比較してみます。比較する対象は、デカフェではあまり出ない「コク」と「苦味」がしっかり出る「リッチコース」!今回は、デカフェと通常の豆があるスタバの「HOUSE BLEND」を使用して比較してみます。

20190205024539

 まずはじめに、それぞれ使用する豆の量が異なります。

Image

●デカフェ豆コースは、市販のデカフェ豆のみお使いいただけます。

●デカフェ豆は豆に含まれる成分が少なく、1カップに必要な豆の量が多いため、でき上りカップ数は減ります。

(Panasonic公式サイトよくある質問より抜粋)

この説明によると、デカフェ豆は、もともと豆に含まれる成分が少ないんだそうです(初めて知りました…) だから物足りない味に感じることが多いんでしょうか?

このコーヒーメーカーでは、多めに豆を使用することと蒸らしや抽出時間などを調整することでデカフェでも美味しく淹れられるように設定されているようです。 

◆デカフェ豆コース

デカフェ豆コースで淹れたコーヒーはこんな感じです。

20190205052454

渋みが抑えられた比較的マイルドで飲みやすい味です。でも、デカフェにありがちな「ひと味足りないような物足りなさ」は感じず、コーヒーの味がしっかり出て香りもGoodです♪ 

◆リッチコース

「リッチコース」で淹れたコーヒーはこんな感じです。

20190205052445

見た目はほとんど同じですが、こちらは深いコクと苦味を強めに感じます。生き生きとしたコーヒーの香りが引き立ち深みのある美味しさ。さすが高性能コーヒーメーカー!自宅でこの美味しさが楽しめる贅沢を感じる味わいです。 

3.結果

並べてみるとこんな感じで、やはり見た目ではほとんど区別がつかない程、色の違いはありませんでした。

20190205052434

味や香りについては、わたし個人の印象だけではちょっと自信なかったので、だんなさんにも飲み比べてもらってまとめてみました。 

●デカフェ豆コース:

デカフェの物足りなさを補う専用の抽出をしているおかげで、デカフェ豆でもコーヒーの味と香りがしっかり出て十分美味しい。マイルドだが深みがないとは感じず満足感が高い仕上がり。 

●リッチコース:

コクと苦みがしっかり際立ったさすがのリッチな仕上がり。コーヒー豆の特徴を存分に感じられるので深みのあるコーヒーが楽しめる。

コースの特徴どおり味の違いがしっかり出た結果になりましたが、デカフェ豆コースでもしっかり美味しいコーヒーが楽しめることがわかりました。カフェインを控える必要のないだんなさんも満足の美味しさだとお墨付きも出ました♪

そんな、美味しさとカフェインレスが両立できる「デカフェ豆コース」が搭載された「NC-A57」を購入したことを、改めて「良かった」と今回比較してみて実感しました。わたしと同じように、妊活中・不妊治療中の方にとってもおすすめのコーヒーメーカーです!

全自動タイプ デカフェ豆コース搭載 ブラック

 

☆なつつ☆